AWAS! 宅配クリーニングのイトウ Blog

Pickup & Delivery Service ITO&Co. 045(572)3262
INFORMATION

クリーニングのイトウ ご案内

ハマハグに登録すると割引サービスがございます。
☆当店は子育てをあたたかく見守る「ハマハグ」を
応援しています。

PROFILE
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 非常食の入れ替え | main | 腰にまくファンを使ってみた。 >>
大丈夫ですか?

横浜市鶴見区・川崎市川崎区・幸区の宅配クリーニングイトウ、伊藤正博です。 

おはようございます。 

本日は、鶴見区矢向と川崎市幸区をクリーニングの集配に廻ります。

 

言葉はその時代によって意味が徐々に変わってくるものです。

以前はそんな使い方しなかったのに、最近は日常会話で自然に使われているなんて事もよくあります。

ここ数年、私がどうもしっくりしないのが「大丈夫ですか?」という言葉。

 

具合の悪い人や何か困っている人に投げかける使い方と、可能かどうかを確認する使い方の2パターンが主にあると思うのですが、最近は後者の意味合いが広がって使われている事が多いですね。

相手に許可を求める場合も、よろしいですか?ではなく大丈夫ですか?

 

私世代にとっては、連発すると失礼に当たると思うのですが、今の世代は丁寧な言い方と勘違いしている人もいるかも知れません。

時々かかってくる営業電話でも、相手の若い男性が大丈夫ですか?を連発するとガチ切れするのは年をとった証拠でしょうか。

「どーも」同様に広い意味合いにとれる言葉として進化してきたのかも知れません。

 

 

昨日、初めていらした若い女性のお客様、スーツをクリーニングに出してくださいました。

「クリーニングして欲しいのですが・・・」とお店に入って来られて、「スーツなんですが、大丈夫ですか?」

 

ある意味、すごく新鮮な気がしました。

もちろん太鼓判付きで「大丈夫です」

 

このシチュエーションで交わされる会話を色々と想像してみましたが、そのすべてをまとめて「大丈夫ですか」で納めたのですね。

この言葉使いに「大丈夫」になるように慣れなくてはいけませんね。

やっと「お名前いただけますか?」に慣れてきたのに・・・(笑)

 

 

 

----------------------------------------- 

クリーニングの イトウ商会 

横浜市鶴見区矢向3−35−3 

電話 045(572)3262 

代表 伊藤正博 

営業時間 AM7:30〜PM9:00 

宅配時間 AM9:00〜PM9:00 

配達範囲 横浜市鶴見区 川崎市幸区 川崎市川崎区 

定 休 日 日曜日 

宅配クリーニングのイトウ商会 Facebook page

----------------------------------------- 

* シミヌキ等でブログ内にアップされた参照写真は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。不都合な点がございましたら、お手数ではございますが、当店までご連絡ください。

 

にほんブログ村 クリーニング店

 

 

 

| お店のコト | 08:10 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする