AWAS! 宅配クリーニングのイトウ Blog

Pickup & Delivery Service ITO&Co. 045(572)3262
INFORMATION

クリーニングのイトウ ご案内

ハマハグに登録すると割引サービスがございます。
☆当店は子育てをあたたかく見守る「ハマハグ」を
応援しています。

PROFILE
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 色々なものを洗います。 | main | ダウンのそで口の汚れが気になりませんか? >>
義理チョコやめよう
横浜市鶴見区・川崎市川崎区・幸区の宅配クリーニングイトウ、伊藤正博です。
おはようございます。
本日は、横浜市鶴見区と川崎市川崎区をクリーニングの集配に廻ります。

バレンタインデーですね。
娘も先日の日曜日にキッチンでチョコの匂いをプンプンさせてました。
女子校なのにね。
今は義理チョコというより友チョコが主流かもしれません。

義理チョコと言えば、高級チョコレートのGODIVAが出した新聞広告も話題になりました。

「日本は、義理チョコをやめよう」



高級チョコのGODIVAが義理チョコになる訳もありませんから、自社には影響ないという「うがった見方」もあります。
しかし、確かに職場で女性がチョコレートを配ることに費やす時間と費用と気遣いを考えたら、やめたくなるかもしれませんね。

バレンタインに女性からチョコを贈る習慣は、ご存知の様にお菓子会社の戦略がハマった結果なんですが、「義理」という言葉が生まれたのは、昔の日本人の気恥ずかしさがあったからじゃないでしょうか。

盆暮れに付け届けをする習慣がありますから、バレンタインにチョコをあげる事ぐらい抵抗はないはず。
そこに「恋愛」を持ち出されたから複雑になり、「違いますよ〜笑笑」と差別化するために、生まれた言葉だと思います。

義理チョコ、友チョコ、自分チョコ。。。
形は変えても、この日本独特のバレンタインデーはしばらく続きそうですね。

最初に考えたお菓子会社の人、その後の日本経済に多大なる影響を残した隠れた功労者ですね。





-----------------------------------------
クリーニングの イトウ商会
横浜市鶴見区矢向3−35−3
電話 045(572)3262
代表 伊藤正博

営業時間 AM7:30〜PM9:00
宅配時間 AM9:00〜PM9:00
配達範囲 横浜市鶴見区 川崎市幸区 川崎市川崎区
定 休 日 日曜日
宅配クリーニングのイトウ商会 Facebook page
-----------------------------------------
* シミヌキ等でブログ内にアップされた参照写真は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。不都合な点がございましたら、お手数ではございますが、当店までご連絡ください。

にほんブログ村 クリーニング店
| 社会のコト | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.929.cc/trackback/1402223
トラックバック